『旧』 本の虫通信

『本の虫』 の部長のつぶやき。 本の虫の活動はFacebookで更新しています。

プロフィール

zono

Author:zono
 『本の虫』通信にようこそ!

 『本の虫』は好きな本の紹介を通して、コミュニケーションをする読書クラブです。
 岡山市内で、月2回(平日夕方と休日お昼)活動しています。

 仕事帰りやゆとりのある休日にお気軽にご参加ください。


 主にFacebookで更新しています。

 こちらへどうぞ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • (We Gotta) Fight for Your Right

「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付
(2010/12/17)
駒崎弘樹

商品詳細を見る


 読みました。著者は寄付を集めて病児保育のNPOを運営している方です。

寄付については募金くらいのイメージしかありませんでしたが、この本を読むと

 ・寄付の意味
 ・日本における寄付の現状
 
  が良く分かります。
 
 寄付の結果を可視化すること、そして寄付を選択する機会を拡げることの大切さを痛感しました。

 ところで

 
ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを (ハヤカワ文庫 SF 464)ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを (ハヤカワ文庫 SF 464)
(1982/02)
カート・ヴォネガット・ジュニア

商品詳細を見る

 
 は社会の弱者に無償の愛を提供するある富豪の話です。
 彼の行動を理解しない人々は、彼を狂人扱いします。

 彼の行動を勝手に解釈する変人キルゴア・トラウトは
 「現代の最も重要な社会的実験であったかもしれない。機械の進歩によって仕事がなくなり価値を失った人間をどのように愛することができるか」と評します。

 「機械の進歩によって仕事がなくなる」

 
コンピュータが仕事を奪うコンピュータが仕事を奪う
(2010/12/22)
新井 紀子

商品詳細を見る

 
 歴史の授業で聞いたような話ですが、近い将来わが身に降りかかりそうな話でもあります。
 コンピュータが仕事を快適にした結果、仕事を奪われる人がいることは間違いないと思います。

 
プレイヤー・ピアノ (ハヤカワ文庫SF)プレイヤー・ピアノ (ハヤカワ文庫SF)
(2005/01)
ジュニア,カート ヴォネガット

商品詳細を見る


 同じヴォネガットの作品に、機械が多くの仕事を担っている世界の、強者と弱者に焦点を当てた小説もあります。

 人の価値は仕事の良し悪しではないと思いますが、人生の長い時間、仕事をして過ごすなら、充実した時間を過ごしたいものです。今後は、コンピュータが不得意な仕事=クリエイティブな仕事を意識する必要があるのでしょう。
 
 ただ、どうしようもない不運い巻き込まれることもあるかもしれません。
 そんなとき、自分の行動(寄付)で(身近な)社会の問題が解決するなら、素晴らしいことだと思います。

 「情けは人のためにならず」
 自分が困った時を想像し、今の社会問題を共有する必要があるのだと思います。

 
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。