『旧』 本の虫通信

『本の虫』 の部長のつぶやき。 本の虫の活動はFacebookで更新しています。

プロフィール

Author:zono
 『本の虫』通信にようこそ!

 『本の虫』は好きな本の紹介を通して、コミュニケーションをする読書クラブです。
 岡山市内で、月2回(平日夕方と休日お昼)活動しています。

 仕事帰りやゆとりのある休日にお気軽にご参加ください。


 主にFacebookで更新しています。

 こちらへどうぞ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 9月の本の虫

9月の本の虫です。
今回は6名も新しい参加者に来ていただきました。

常連さんに加えて、久しぶりの方、新しい方が加わると刺激があってよいです。

まずは投票結果から。



20110901.jpg

  1位 山本容子のジャズ絵本 Jazzing (3票)
山本 容子 著 講談社 2006.10

 「ピアノの音色に色を感じ」、「詞をイメージしながら歌を歌うと頭の中に絵が浮か」ぶ。版画家の山本容子さんが、Jazzのスタンダードナンバーをイメージしてつくった絵本。谷川賢作さんプロデュースによるオリジナルCD付。
絵と文章と音楽と。とてもおいしい絵本です。




20110903.jpg
  2位 雪男は向こうからやって来た (2票)
角幡 唯介 著 集英社 2011.8

 雪男捜索隊に加わった著者のルポタージュ。冗談なのか本気なのか。探検家の情熱はものすごい。中の図版を見る限り雪男の存在の信憑性は薄いと思わざるを得ないのですが、ミョーに惹かれます。なぜかイエティーブームの参加者がもう一人いて、プチ盛り上がりでした。 笑




20110902.jpg
  3位 お寺に行こう! (2票)
お寺に行こう!編纂委員会 編 扶桑社 2004.10

 仏像ブーム。抹香くさい仏像が身近なものになったけど、まだ続いてるんですかね。本書は、アートとしての仏像をまじめに解説するパートと、面白仏像を紹介するパートに分かれています。淡路巨大大仏(100m!)のカクカクした投げ出し感がいいですね。遠目にみたらレゴみたい


今回は上位3冊に小説が入りませんでした。またごらんのとおり、1位で3票と票が割れました。毎回、いろいろな分野の本に出会えることが本の虫の魅力の一つですね。

ピックアップ : 部長が気になった本


20110905.jpg
  科学する麻雀
とつげき東北 著 講談社 2011.8

 麻雀は学生時代に少しかじった程度ですが、「捨牌読みでは勝てません」という紹介には衝撃を受けました。笑     運・読みを排除して確率で語る麻雀論。中を開くと「数式」と「C++」のプログラムが・・・。いろんな意味で気になる本です。


部長が紹介した本


20110906.jpg
  動物農場 : おとぎばなし
ジョージ オーウェル 原著 岩波書店 2009.7

 大学の講義関連本として受入した際に興味をもって読みました。ソビエト体制の矛盾を、動物を主役に農場を舞台にして描いた作品です。硬いテーマですが、副タイトルに「おとぎばなし」とあるように、読みやすく、かつ読みごたえもあります。ラストは小説と若干異なりますが、ジブリライブラリーが提供している映画版もあります。こちらもオススメです。


いつもいろんなジャンルの本が紹介される本の虫ですが、今回は特にバラエティ豊かでした。
その他の紹介本は以下のとおりです。参加者のみなさん、ありがとうございました。
参加者のブログもあるのでこちらも参考に。




さて、次回の本の虫は、pieni合宿で行います。
いつもはテーマを決めないのですが、次回は白石島で開催!ということで、テーマは 「しま」 です。 どんな「しま」でも構いません。「しま」に関する本で語り合いましょう!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。