『旧』 本の虫通信

『本の虫』 の部長のつぶやき。 本の虫の活動はFacebookで更新しています。

プロフィール

Author:zono
 『本の虫』通信にようこそ!

 『本の虫』は好きな本の紹介を通して、コミュニケーションをする読書クラブです。
 岡山市内で、月2回(平日夕方と休日お昼)活動しています。

 仕事帰りやゆとりのある休日にお気軽にご参加ください。


 主にFacebookで更新しています。

 こちらへどうぞ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 8月の本の虫

8月の本の虫で紹介された本です。
インディーズ演歌、都市伝説分析、居心地の悪い短編集、観影紀行とインパクトのある本が多かったですね。

そんな中、今回は初めて高校生の参加者も来てくれました。
少し思った雰囲気と違うぞ、と思わなかったことを祈ります (笑)

個人的には、「小学生日記」が気になりました。
モデルのhanaeさんは毎年1冊本を出しているそうで、小学生の時に作文コンクールで賞を取ったもの等をまとめた最初の1冊目で、紹介者曰く「一番みずみずしくて良い」そうです。

さて、今回から会の回し方をマイナーチェンジしました。
いつもは単純に時計回りで紹介をしていたのですが、本のテーマに関連がある場合は「割り込みあり」ということにしました。

来月は、内山下ブックジャーニーと通常の会と2回開催です。たくさんの方の参加をお待ちしています!

小学生日記小学生日記
(2003/12)
hanae

商品詳細を見る

演歌よ今夜も有難うー知られざるインディーズ演歌の世界演歌よ今夜も有難うー知られざるインディーズ演歌の世界
(2011/06/25)
都築 響一

商品詳細を見る

珍世界紀行 ヨーロッパ編―ROADSIDE EUROPE (ちくま文庫)珍世界紀行 ヨーロッパ編―ROADSIDE EUROPE (ちくま文庫)
(2009/12/09)
都築 響一

商品詳細を見る

「理系」という生き方 理系白書2 (講談社文庫)「理系」という生き方 理系白書2 (講談社文庫)
(2007/12/14)
毎日新聞科学環境部

商品詳細を見る

居心地の悪い部屋居心地の悪い部屋
(2012/03/27)
岸本 佐知子

商品詳細を見る

地図男 (ダ・ヴィンチブックス)地図男 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/09/03)
真藤 順丈

商品詳細を見る


日本文学全集〈第79〉武田泰淳集 (1968年)

消えるヒッチハイカー―都市の想像力のアメリカ (ブルンヴァンの「都市伝説」コレクション)消えるヒッチハイカー―都市の想像力のアメリカ (ブルンヴァンの「都市伝説」コレクション)
(1997/02)
ジャン・ハロルド ブルンヴァン

商品詳細を見る

獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 I 闘蛇編
(2006/11/21)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

バイ貝バイ貝
(2012/03/21)
町田 康

商品詳細を見る



  • 南下せよと彼女は言う

「読むと旅に出たくなる」

旅先はオランダ、フランス、ドイツ、チェコ、オーストリア、スイス、イタリア、スペイン、そしてハワイ。
恋人、夫婦、独り者、いろいろ事情をもつ人々の物語。

目の前に浮かぶような街の描写に加えて、美術館の話、歴史の話、映画の話。
読むと旅に出たくなること間違いなしです。


南下せよと彼女は言う: 旅先の七つの物語南下せよと彼女は言う: 旅先の七つの物語
(2012/07/06)
有吉 玉青

商品詳細を見る
  • 本の虫 in 岡大

岡大パワーランチにおじゃまして、一人本の虫をしてきました。

パワーランチについてはこちら

パワーランチにちなんで、テーマは「つながり」
以下3冊の本を紹介しました。

①「まちづくりは人づくり」、人のつながりに着目して、

コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくるコミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる
(2011/04/22)
山崎 亮

商品詳細を見る


②一転して人のつながりがなくなったらどうなるのか、ということで

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る


③1984年の描く社会では、「コミュニティ」に加えて「情報」も厳しく管理されているので、情報のつながりも大事だよねってことで、

フリーカルチャーをつくるためのガイドブック  クリエイティブ・コモンズによる創造の循環フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環
(2012/05/25)
ドミニク・チェン

商品詳細を見る


全体としては人も情報もつながることで、生活、文化が豊になるという感じに紹介しました。
徐々に本の虫の活動を広げていきたいですね。


  • 次回の本の虫

次回の本の虫は、開始時間を30分遅らせて

7月22日(日) 14:30開始

とさせてください。
急な変更で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 7月学園祭の本の虫

7月のpieni学園祭で紹介された本です。
学園祭に因んで、「学校」か「祭」をテーマにした本を紹介してもらいました。

ポラーノの広場ポラーノの広場
(2001/05)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


窓ぎわのトットちゃん (講談社 青い鳥文庫)窓ぎわのトットちゃん (講談社 青い鳥文庫)
(1991/06/15)
黒柳 徹子

商品詳細を見る


大学の起源大学の起源
(2009/11)
チャールズ・ホーマー ハスキンズ

商品詳細を見る


大学とは何か (岩波新書)大学とは何か (岩波新書)
(2011/07/21)
吉見 俊哉

商品詳細を見る


百年前の日本−モースコレクション(写真編)百年前の日本−モースコレクション(写真編)
(2005/01/20)
不明

商品詳細を見る


君が踊る、夏 (角川文庫)君が踊る、夏 (角川文庫)
(2010/08/25)
香月 秀之、木俣 冬 他

商品詳細を見る


いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)
(2011/12/10)
似鳥 鶏

商品詳細を見る


ハロウィーンがやってきた (ベスト版 文学のおくりもの)ハロウィーンがやってきた (ベスト版 文学のおくりもの)
(1997/10/01)
レイ ブラッドベリ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。